2009.9.13 the Bright Vo録り&TD@ツバメスタジオ

昨日録音したthe Brightのボーカル録り&トラックダウンです。ボーカルは本物の外人さん、英語の発音がさすがです!!日本人が歌う英語とは訳が違いますね!!前々から思ってたことなのですが、ロックのリズムには英語のリズムが良く合うと思うんです。なので今回の外人さんの歌録りはとても楽しみ♪ちなみにツバメスタジオの録音ブースには今日から遮音カーペットが導入され初の録音。音鳴りがどう変わるかも楽しみ♪そしてさらに新マイクも導入!真空管マイクです!まずは僕が声を出してみて、部屋鳴りと、マイクセッティングの調整。部屋鳴りは低音の響きがイイ感じで押さえられてます。ただ真空管マイクの感度が良すぎて、壁からの微妙な反射音が気になる感じ・・・。マイクスタンドに吸音材をぶら下げてマイクの前後にセット。調整はバッチリ決まりました!!マイクの音の暖かみと抜けの良さもハッキリ分かるようになりました。いよいよボーカル録りです!英語の発音がめちゃめちゃイイ!声もツヤのある素敵な声でした!そして歌が乗った瞬間!オケが別物に聞こえるほど、ロックなビートに生まれ変わりました!やっぱりロックは英語が似合うんですね~。昨日まで日本人が演奏してたバンドが、まるで洋楽に(?)生まれ変わりました♪日本語のビート感と全然違います!!

日本語ロックも大好きなんですけどね(笑)

歌録りも終わってトラックダウンです。ドライブ感のあるUKサウンドに生まれ変わりました~。初レコーディングとは思えないような洋楽さながらの音源が出来ました~。the Brightはまだ組んでからあまりライブをしたことがないそうなので、今回の音源を引っさげてライブハウスにもチョイチョイ出て行くそうです。これからライブ経験を積んで演奏に更に磨きをかけて、またアルバムでも作りたいですね~。

 

今回の主な録音機器

vo mic MXL v77

DegimaxFS H.A

AVALON vt747 tubeComp