2010.9.17(fri) キヨステ Mix & Mastering @ツバメスタジオ

キヨステ ミックス2日目です。全14曲のレコーディングも今日で大詰めです。今日は、ミックスとマスタリングが終わったら絶対打上げをしよう!!・・・と言うことで、朝11時スタジオに集合!さっそくミックスに取りかかります。まずは前回ミックスした曲のちょっとした手直しから。直すのも若干ボーカルの音量を変えたり程度の直しだったのですぐにも終わりました。さていよいよ今日のミックス開始。前回ミックスした曲とイメージの近い曲のミックスデータを呼び起こして、まずはその状態で曲を聴いてみます。「そのままでも全然イイ感じ!」とのことで、ちょっとだけ僕が気になるバランスの手直しをして、すぐさま1曲完成!!そんな感じで今日のミックスは怒濤のように進んで行きました。残す曲も2曲、となったところで、どうしても歌を録り直したいと言う、3曲ぶっ続けで録音した曲のボーカルを2曲だけ録り直し。するとなんだか今日は声がとても調子良さそう!!なのでもう1曲も今日の声で録ってしまおう!!3曲順調に録り直し、再びミックスへ。残り2曲も順調にミックス。今日は1曲30分くらいでどんどんミックス進みました。最終的に1曲、収録するのをやめようという曲があったので、全13曲!!ミックス完了です!!続いてはマスタリング、ミックスの時点で音はかなり気に入ってくれている様子だったので、音いじらなくてもいいのでは・・・?って話もありましたが、マスタリングをすると何がどう変わるのか(変えられるのか)、音で体験して貰おう。真空管アンプと、軽いEQを施した音と、元の音を聞き比べて貰いました。アナログの深みや倍音のヌケがプラスアルファされる感じの音質調整。聞いて貰った結果、1曲を除いては、全曲その音で行くことに。1曲づつ落とします。全13曲、さすがにおとすだけでも時間がかかります(笑)無事マスタリングも終了!!気づけばわずか2日の録りと2日のミックス、全4日で13曲入りのフルアルバムが完成!!当初の予定ではスタジオでの1発録り感を生かしたラフなdemo音源を作る予定が、思いの外イイ音で録れたので、ガッツリミックスして立派なフルアルバム並の音源になりました!!スゲーカッコイイです!!ドラムとギター、楽器隊は一切の重ねも無しで、ここまでかっこよく出来るもんだ!!と我ながら感心♪いわゆるちまたにあふれるJ-ROCK的なサウンドとは一線を引いた、洋楽的アプローチのサウンドに仕上がってます。そんな音源が、価格はdemo音源価格の500円で発売されます!!これは聞き逃しては損!ライブ会場で是非ゲットしてください!!

マスタリング終了後は、今日の目標、「打上をする!」を果たすべく浅草橋ガード下のやきとん屋さんへ、外の道にもテーブルが出てて、とてもイイ感じ!(写真)値段も安い!!「今度はレコーディングが無くても飲みにこよう!」と盛り上がりつつ、キヨステレコーディング終了です♪

 

今回の主な録音機器

R-verb(plugin)

FairChild 660(plugin)

FairChild 670(plugin)

V-comp(plugin)

Impact(plugin)

AudioTrack(plugin)

C1(plugin)

ff d4(plugin)

L1(plugin)

SunsAmp (plugin)

AVALON Vt747

mogami 2549 with NEUTRIC NC3 miccable

mogami 2534 with NEUTRIK NC3 miccable

PreMasterCD